FC2ブログ
2018/11/17

【お知らせ】ブログを移転します。

いつも訪問していただき誠にありがとうございます。m(_ _)m

この度、レンタルサーバを借りて自分のサイトを開くことにしました。

WordPressを使うのは初めてなので時間がかかっていますが、、、(;・∀・)

ガジェット好きの日記はまだネタが少なくオープンできない状態ですが、、、

先に最近ハマっていてネタが豊富なラズパイ専用のブログを公開しています。

ラズパイ好きの日記

2019年1月1日に過去記事も含めて全面移行できるように作業しています。

これからもどうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m



2018/10/20

ラズベリーパイカテゴリの目次

お知らせ

ブログをレンタルサーバで書くことにしたため、移行作業中です。
2018年11月以降のラズパイに関する最新記事は下記のリンクにあります。

ラズパイ好きの日記

ご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。m(_ _)m


ラズベリーパイカテゴリの目次

  1. レビュー
  2. パフォーマンスに関する情報
  3. 色々な使い方
  4. インストール手順等
  5. 細かい設定
  6. トラブルの対処
  7. 作業手順
  8. 便利な技
  9. Google AIY Voice Kit V2
  10. Google AIY Voice Kit V1
  11. ラズパイで電子工作
  12. 持っていると便利な工具・グッズなど

レビュー

Raspberry-pi 3 B+ 買いました。【開封の儀】作成日:2018/6/2
Raspberry Pi 3BとGoogle AIY Voice Kitを買ってみた。作成日:2018/3/18


パフォーマンスに関する情報

ラズパイとネットブックとスティックPCの速さを比較してみました。作成日:2018/5/20
RaspberryPi3B+は温度対策した方がパフォーマンスが上がる。作成日:2018/8/28
ヒートシンクは効果はあるのか調べてみた(RaspberryPiZeroの熱対策実験)作成日:2018/8/29


色々な使い方

ラズパイでVimの最新バージョンをビルドする。作成日:2018/3/21


インストールに関するもの

【Raspbian】ヘッドレスセットアップで固定IPを設定する。作成日:2018/4/6
【Ubuntu】RaspberryPi3でUbuntu18.04(Bionic Beaver)を動かす。作成日:2018/4/28
Raspbianのダウンロードが遅いとき、または古いバージョンを使いたい時はミラーサイト作成日:2018/7/8


細かい設定

Ubuntu18.04でのネットワーク設定方法【CUI】作成日:2018/5/12
【Raspbian】ネットワーク関連の設定など作成日:2018/3/28


便利な技

ラズベリーパイのGPIOピンヘッダを保護する技。作成日:2018/5/11
HATやBonnetを付けたまま、GPIOを分岐させる。作成日:2018/9/7


Google AIY Voice Kit V2

買ってみました。作成日:2018/8/22
組み立てる。作成日:2018/8/22
GPIOを使う。作成日:2018/8/23
不具合まとめ作成日:2018/8/24
AIY OSの再インストール作成日:2018/4/15
Snowboyを入れてHotwordで起動できるようにする。作成日:2018/10/13
GPIOを取り出す。【上級者向け】作成日:2018/10/13


Google AIY Voice Kit V1

AndroidスマホでGoogle AIY KitのWifi初期設定作成日:2018/4/18
Google AIY Voice Kitの不具合など作成日:2018/4/6
Google AIY Voice KitのOS上でMathematicaを使う。作成日:2018/3/22


ラズパイで電子工作

ラズパイで4chリレーモジュール(5V)を動かしてみる。作成日:2018/9/3
ラズパイで使えるキャラクタディスプレイを作成する。(LCD1602AのI2C接続)【ハード編】作成日:2018/10/8
LCD1602Aや2004AをI2C接続で使いこなす。【ハード編】


持っていると便利な工具やグッズなど

100均で買える便利なラズパイ関連グッズ作成日:2018/10/13
目次, ラズパイ, GoogleAIYVoiceKit, AIスピーカー, RaspberryPi, RaspberryPiZero, GPIO,
2018/10/14

LCD1602Aや2004AをI2C接続で使いこなす。【ハード編】

AmazonでLCD1602ALCD2004Aを購入してみました。I2C接続用のシリアルIFモジュールと組み合わせて使うと便利です。
ネットで検索すると色々見つかったのですが、スクロール機能や文字数の情報が少ないのでまとめておきます。

まずはハードウェアの準備編から。



部品の外観


●写真 上が20桁×2行のLCD2004A 下が16桁×2行のLCD1602Aです。
20181002_1280_0008.jpg

●シリアルIFモジュール
I2Cアドレスが異なる2種類のモジュールがあります。
どちらが来るのか分かりません。

基板に乗っているICで区別できます。
PCF8574Tの場合 :I2Cアドレスは0x27  A0~A2の組み合わせで(0x20~0x27)
PCF8574ATの場合:I2Cアドレスは0x3f  A0~A2の組み合わせで(0x38~0x3f)
20181002_1280_0014.jpg20181002_1280_0011.jpg


★ソルダジャンパとは?
 半田を盛り付けて、オープンとショートを切り替えます。半田だけでは盛るのが大変な時は余った抵抗の足などを使って補助してあげると接続しやすくなります。

●アドレスの対応(オープン状態が1、ショートすると0となります。)
ICA0A1A2I2Cアドレス
PCF8574A0000x20
1000x21
0100x22
1100x23
0010x24
1010x25
0110x26
1110x27
PCF8574AT0000x38
1000x39
0100x3a
1100x3b
0010x3c
1010x3d
0110x3e
1110x3f

上記のようにI2Cアドレスを変更すれば最大8~16台のLCDを同時に接続することができます。
ただ、Amazonで購入すると指定はできないので最大8台と思っていた方がいいでしょう。

組み立て

LCDとシリアルIFモジュールをはんだ付けして組み立てます。

続きを読む

ラズパイ, RaspberryPi, RaspberryPiZero, 電子工作,