FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/04/05

Google AIY Voice Kitの再インストール手順

ラズパイ+GoogleAIYVoiceKitを使い始めて1カ月未満。。。
なにも考えずにアップデートしていたらいつの間にか動かなくなりました。(;・∀・)

試しに「check_audio.py」を動かしてみたところエラーメッセージが出てカーネルがおかしいとのこと。。。

少し調べてみたところ2018/3/26にカーネルが4.9から、4.14に上がっていてGoogle AIY Voice Kitは対応していないみたいです。
カーネルを戻してみたのですがスピーカーは鳴るもののHAT(マイクのボード)が動作しないみたいなのでハードウェアの故障(!?)と思い、再インストールをすることに決めました。

★2018/4/13追記★
後で調べたら解決方法がありました。
こちらの記事を参照して下さい。
★2018/4/13追記終わり★



再インストールを行ったのですが、手順を忘れていたのでメモしておきます。

OSのダウンロードとSDカードへ書き込み

母艦で作業します。

①ダウンロード

Voice Kit SD imageからダウンロード

古いイメージは下記のgithubからダウンロードできます。
https://github.com/google/aiyprojects-raspbian/releases

②SDカードへ書き込み

Etcher.ioを使ってダウンロードしたイメージを書き込み。
→詳しくはこちらの記事

③Wifi用の設定ファイルの書き込み

有線ではなく無線LANでヘッドレスセットアップしたいときは以下のファイルをSDカードのrootに置いておく。
wpa_supplicant.conf
country=JP
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
ssid="SSID名"
psk="暗号キー"


★Google AIY Voice Kit用のOSはデフォルトでSSHはオンになっているのでSSHの設定は不要です。

★固定IPアドレスを設定したい場合はこちらの記事

ヘッドレスセットアップ

面倒なのでHDMIやキーボードとマウスは接続せずにセットアップする方法を使います。

①sshで接続

以下の情報でSSH接続を行う。
接続先: raspberrypi.local
ポート: 22
ユーザ: pi
パスワード: raspberry
★Windowsの場合はBonjourが必要★
BonjourはiTunesを入れるとインストールされます。

②セキュリティ設定

そのままだと危険なのでまずはセキュリティ設定をしましょう。
(1)piユーザのパスワード変更
passwdを実行し変更します。

(2)SSHの接続設定
ポートを変更し、公開鍵暗号方式でやり取りするように設定。詳しくはこちらの記事

動作確認 その1

スピーカーとマイクが動いているか確認します。SSHからでも作業可能です。
cd AIY-projects-python
checkpoints/check_audio.py


GoogleAIYVoiceKit関連の設定

GoogleAssistantAPIは登録済みと仮定します。SSH上でX11 forwardingを有効にすると母艦からヘッドレスで作業可能です。

①chromium-browserの起動

chromium-browser &


②GCP(Google Cloud Platform)へログイン

chromium-browserのブックマークにあるリンクを押してGoogleAPIConsoleにログインします。
snip_20180405173845.png
snip_20180405173926.png

③認証情報のダウンロード

以下のように以前作成したプロジェクトを開き認証情報のJSONファイルをダウンロードします。
(1)鍵のマークにマウスを合わせて、「認証情報」をクリック。

snip_20180405174332.png
snip_20180405174534.png

(2)ダウンロードのマークをクリックして、JSONファイルをダウンロードします。
snip_20180405174601.png
snip_20180405174633.png

④JSONファイルをコピー

JSONファイルは~/Downloadsフォルダにダウンロードされるので名前を変えてホームディレクトリ直下にコピーします。
cd ~
cp ~/Downloads/client_secret* ~/assistant.json


動作確認その2

assistant_library_demo.pyを起動して「OK, Google」と言った後に、英語で質問しましょう。

demoの起動

cd ~/AIY-projects-python
src/examples/voice/assistant_library_demo.py


起動中にブラウザが開くので「ALLOW」を押します。snip_20180405175553.png

反応するか確認

「OK,Google」と呼んで、何か質問しましょう。例、What time is it now?

答えが返ってくれば再インストールが完了です。


関連記事
ラズパイ,

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。